運の強い人というのは、「わがままな人」が多いです。

 

ここでいうわがままとは、

自分のやりたいことをどんどんやってしまうということです。

身近で何かに成功している人をイメージして貰えば、なんとなくわかるかと思います。

 

4

 

例えば、海外旅行に行きたいと思っている人でも、
行きたいだけで何も行動しない人もいれば、
どうしても行きたいから、何が何でも行っちゃう人もいるんです。

 

 

わがままな人は、やっちゃうのです。どんどん行動しちゃうのです。
そして行動すると意外と多くのことができるということに気づき、

もっと行動してどんどんワガママになっていくという流れがあるように思うのです。

 

 

ただ、わがままと言っても人に迷惑をかけるとか

そういったマイナスの意味ではありません。

 

あくまで自分の心に素直になって、

やりたいことはできるかぎりやろうと努める姿勢

が「わがまま」ということなのです。

 

1

 

もちろん人によっては、やりたいことがないという人もいるかと思います。
でも、やりたいことがないという人の中でも、

面白いことを知らないがために

やりたいことが浮かばないという人もいるかと思うのです。

 

 

 

私も、以前はどちらかというと、

やりたいことがあまりないタイプでした。
でも、海外に行ってみたり、

自分で少しずつですが新しいことにチャレンジしてみたことで、

面白いことをどんどん知るようになり、

今ではかなり「わがまま」になっていますw

 

 

でも、こういったわがままな気持ちは、

次の目標に進むために良い動機になったりしますし、

そういった欲は、なにかをやる上で大切だったりするのです。

 

 

わがままな人が色々なものを手に入れているというのは、

こういったモチベーションの違いがあるからなのです。

 

th_06_Jordan03141

 

 

もっとわがままに生きてみましょう!

 

 

『無理矢理、我慢することをやめて、やりたいことは片っ端からやっていくんだ!』

くらいの意気込みで生きていけば、結構楽しくなると思いますし、

わがままに生きてみると、意外と多くのことができて、もっとわがままになれるかと思いますw

 

 

わがままは「我儘」と書きます。
つまり、「あなたのまま」ということです。

 

 

自然なあなたを受け入れていくことが、つまりもっとわがままになることが
実は、簡単に運を開く方法なのかなと思います。

 

 

しかし、中には、あまりに我慢をしすぎているために
「本当はもっとわがままになりたいんだけど、どうすればいいかよく分からない」
なという人もいるかと思います。

 

 

そういう人はまずは、やりたいことではなく
「興味があること」をやってみるようにしてみましょう。

 

 

どうしてもやりたいことというのは、

少し興味があるというのがきっかけで生まれたりすることが多いものです。

やっていくうちにだんだんとやりたいことって増えていくのです。

 

 

ですから、あんまりやりたいことがないという人は
「ちょっと興味あること」からスタートしてみると良いと思います。
だんだんとワガママになっていって、運も開けてくると思います^^

 

 

 

あわせて読むと良い記事