アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ。

 

1

 

去年亡くなってしまいましたが、全世界に大きなインパクトを残しました。

その中でも一番と言ったらやはりIphoneだと思います。

 

当時、Iphoneの新作が出たときは、とんでもない行列が

銀座や渋谷のアップルストアにできていました。

 

2

 

 

僕も、実はIphoneもっています笑

 

数多くの人々を魅了しましたが、

なぜこれほど人気になったのでしょうか?

 

確かに、Iphoneの機能は画期的でした。

ホームボタン1つであとは画面をタッチして

操作できてしまうのですから、本当に斬新さを感じました。

小型だし、高機能だし、スタイリッシュだし機能は抜群です。

 

3

 

 

しかし、あの斬新さは機能によるものだけだったのでしょうか?

 

実はスティーブジョブズはずっと1つのメッセージを発していました。

 

『世の中を大きく変えたい』

 

それはアップルのCMでも言っています。

こちらはアップルの企業CM『Think different』(1997年制作)の訳です。

 

「クレージーな人たちがいます。順応できない人。反抗する人。ごたごたを起こす人。

不可能に挑む人。彼らのものの見方は違います。ルールが嫌いです。そして現状を認めません。

彼らを引き合いに出し、反対したり、ほめたり、けなしたりできます。だけど、

彼らを無視することだけはできません。彼らは物事を変え、人類を前進させているからです。

クレイジーな人たち、と言う人がいるかもしれませんが、天才だと思います。

なぜなら、世の中を変えられると考えるクレージーな人たちだけが、

世の中を変えているのですから」

5

 

 

スティーブジョブズ本人がそのメッセージを発し、

アップルという会社もそのメッセージを発し、

Iphoneという携帯電話もそのメッセージを発している。

 

このような強力なメッセージが込められた商品だったからこそ、

Iphoneはこれほどの爆発的人気を得たのではないかと思うのです。

 

 

もちろん、その背景としては、現状を維持するのが精一杯で

これからどうなるのか分からないという、世の中の先行きに対する不安もあったでしょう。

 

みんなが不安に思っていたからこそ、このようなものすごく強いメッセージを発する物を

多くの人がほしがったのかもしれません。

 

 

いまも先行きがこれからどうなるかまったく分かりません。

だからこそ、強く輝くメッセージにはより多くの人が賛同する時代なのだと思います。

 

 

 

あわせて読むと良い記事