世界的に有名なブランド『ルイヴィトン』

多くの人たちを魅了する高級ブランドのひとつですね。

 

おみせ

 

もともとは、フランスのかばん職人ルイ・ヴィトンが創始したブランドです。

1854年にパリに作った旅行かばん専門店がその始まりです。

 

伝統的な魅力を残しつつも、新しいモダンテイストがある。

ルイヴィトンの魅力はますます膨らんでいます。

 

今回はそんなルイヴィトンについて考えていきたいと思います。

 

 

高級ブランドの演出

ルイヴィトンもそうですが、高級ブランドはそのイメージを

維持・向上させていくためにいろいろなイメージを作っています

 

1

 

 

それらのイメージを作るために

各チーム専門家を呼び、徹底的に高級感の追求を行っています。

 

『最高級のものを追求し続けている』

 

それはイメージにあう最高のモデルを起用してみたり、

 

2

 

 

はたまた、奇抜な色合いを追求していたりと

 

3

 

 

ルイヴィトンは

『最高のルイヴィトンを表現するために追求しつづけている』

ということが言えるのではないでしょうか。

 

 

ルイヴィトンらしさ

ルイヴィトンは自らのブランドの伝統を維持するために、

実はヴィトン家(ルイヴィトン創業者の一族)が監査の役割を行っています。

 

売り上げを上げることではなく、自らのイメージを守ることを

重視しているのです。

 

4

 

売り上げ偏重の世の中にあって、こういう姿勢を貫いています。

 

『自分らしさ』がまず一番!

こういう姿勢はとっても魅力的だと思います。

 

 

また、ルイヴィトンは『旅』ということをコンセプトとして取り入れています。

もともとが旅行かばん専門店から始まったので、その意思をいまでも受け継いでいるのでしょう。

 

イメージを見てみると、

①品質や丈夫さへのこだわり

②旅する楽しみの演出

 

この2つを特に重視しています。

5

 

 

 

『高級感の中にある遊び心』

 

こういうものはいつまでも持ち続けていたいという思いが

多くの人の共感を得ているのでしょう。

あわせて読むと良い記事