山口百恵の引退後にデビューし、

一気にトップアイドルになった松田聖子

 

5

 

数々のスキャンダルを何度もおこしましたが、

それでも『永遠のアイドル』といわれます。

 

普通の芸能人はスキャンダル1つで吹き飛んでしまうことが多いですが、

松田聖子はどこ吹く風という感じで、まったく揺るぎませんでした。

 

スーパースターですね。

 

どういうところがこれほど魅力的に見せているのでしょうか?

今回はいくつかの伝説を取り上げて、考えてみたいと思います。

 

 

『ビビビッ!!』がいっぱい

もともと郷ひろみのファンだった松田聖子。

アイドルデビューして、松田聖子のアプローチで

『一緒に結婚しよう!』と誓い合ったほどです。

 

しかしその後、考えの違いからふたりは破局してしまいます。

でも、破局会見から1か月後、神田正輝と結婚しますww

 

6

 

神田正輝とは12年の結婚生活を経て、離婚しますが、

結婚している間にもさまざまな人との恋のうわさがありました。

 

結局、結婚は3回くらいしてますよね。。

 

『この人だ!!』と思ったら突っ走っちゃうんでしょうね。

でも、そういう常識外れな感性が芸能界には向いていると思うのです。

 

だからスターになったと思うのです。

 

 

圧倒的な歌唱力

松田聖子は当時から圧倒的な歌唱力がありました。

歌唱力がある歌手は確かに多くいますが、そういったなかでも松田聖子は表現力がずば抜けていました。

 

 

 

 

 

 

歌手として超一流だったからこそ、スーパースターであり続けられるのだと思います。

 

感受性という部分では『ビビビ!』でもわかると思いますww

 

当時としては相当に異質ではあり、ずば抜けた表現力だったのでしょう。

もちろん、今聞いてもすごい!と思います。

(といっても僕は今の歌より昔の歌が好きなので、ちょっとバイアスかかっているかもですがwww)

 

あちこちからのバッシングも何のその

スーパースターにはバッシングがつきものです。

 

しかし、松田聖子の場合、数々の恋愛遍歴もあったことから

それ以上にひどいバッシングをいっぱい受けていました。

 

当時全盛期だった女性誌などがねつ造ネタをつくりまくってしまうくらい

松田聖子に対する注目はすさまじかったのです。

 

そんな、超厳しい環境の中でも、めげることなくひたむきに頑張り続ける姿に

多くの人は心を動かされたのでしょう。

 

あるときの記者会見では、記者に向かって鋭い目で

『どんなことがあっても、あたしの娘だけは守ります!』

といっていたそうです。

 

どんなことがあっても強い芯を持ちつづけている。

 

たしかに、こういう人は多くの人に愛されますね。

あわせて読むと良い記事