西は風水では金運のパワーをつかさどる場所だとされています。

 

季節でいうと『実りの秋』という感じで、

西を良くしていくことは、収穫や収入のパワーを良くすることにつながります。

 

ですから、家の西側には黄色のもの、絵画や雑貨、お花などをかざると

金運の上昇につながります。さらに効果を上げたいなら、

『黄色・ゴールド・白』のものを西に置くことで、金運を大きく実らせることも可能です。

 

 

東はエネルギーが送られてくる方位

東という方位は、太陽が昇ってくる方位です。

すべてのものにエネルギーを与えて、生命をはぐくんでいく力があります。

 

『発展・スタート』をつかさどる方位であって、

これらのパワーを取り入れるために、

『東に赤いものを置く』といいです。

 

赤の置物(雑貨・花・赤い実をつけるものなど)を東に置いておくと、

元気ややる気が起きやすくなり、健康な心身がてにはいります。

 

また、東は情報をつかさどる方位でもあるので、

東に音の出るものを置いておくのも、とても良いです。

 

赤との相性で、お金の情報が入ってくることも期待できます。

 

 

南は直観力を養っていく方位

南に上がる太陽は、一番強く僕たちを照らしてくれます。

 

この南という方位は、才能を発揮させたり、直観力を磨くパワーがあります。

南の風水をきちんとやれば、才能が開花して大きなチャンスをつかむことができるようにもなります。

 

そのためには家の南に『1対』のものをおくといいです。

一対で背が高いものであるとなおさらよいです。

 

また、南に窓がある家ならば、必ず日中は窓を開けて

太陽のパワーを取り込むようにしましょう。

 

また、シルバーやステンレスなどのピカピカ光るものも相性がいいですよ。

 

 

北は『ため込む・はぐくむ』方位

北は貯蓄子宝に関係する方位です。

家の北は暗くて静かな空間にする必要があります。

そして、ピンク、オレンジなど暖色系のものをおくといいです。

 

特に女性におすすめなのが、

『さんかんの実(桃・橘・ざくろ)』を書いた絵や置物です。

これは風水では女性のすべての願いをかなえてくれるといわれています。

 

北に通帳や証券などお金に関するものをおいておくのもよいですが、

その際は黄色とラベンダー職が使われた箱や袋に入れるようにしておくと

より効果が発揮されます。

あわせて読むと良い記事