トイレはリビングとは逆で、方位的な吉はありません。

水の気が強くあることと、汚物がある空間のため、

その方位の気をパワーダウンさせると考えれているからです。

 

窓があるのが理想的ですが、ない場合はとにかく気がよどまないように換気を徹底して、

トイレグッズはラベンダー色をメインにするのがおすすめです。

盛り塩もおいて、週に1回くらいのペースで交換するようにしましょう。

 

 

それではトイレのラッキーアイテムを見ていきましょう!

 

 

便座・ふたカバー

基本的にはカバーをしないで、いつもピカピカの状態にしておくことが大切です。

便座・ふたカバーをする場合は、方位と相性のいい色やその年のラッキーカラーや

金運の黄色、さんかんの実の柄などがおすすめです。

一週間に1回は清潔なものと交換するようにしましょう。

 

 

トイレマット

2階建て以上で、上階にトイレがあるなら、トイレマットは白がベストです。

階下にダメージを及ぼしません。そのほかは、便座・ふたカバーの場合と同様に考えます。

八角形のマットもおすすめです。

 

 

スリッパ

必ずトイレ専用のスリッパを置くようにしましょう。

トイレは厄がたまる場所でもあるので、ここで使ったスリッパをほかで使うと、

不運をばらまいてしまうことを意味します。

素材はコットンや高級感ある革製、色は方位やその年のラッキーカラー、

窓がないならラベンダー色が吉ですよ。

 

 

タオル

ほかの場所と兼用にするのは避けるようにしましょう。

トイレ専用のタオルを用意しましょう。そして、使うタオルも

フカフカで高級感あるものにすることで、トイレの厄をしっかりと落とすことができます。

なるべく、毎日交換するようにしましょう。

 

 

照明

明るい照明が基本です。トイレが暗いと不衛生になりがちです。

読書ができるくらいの明るさにしましょう。ただしトイレで読書はしないでください。

照明は便器の水に光源がうつるような位置はさけてください。

デザインはシンプルなものにしましょう。

 

 

花・観葉植物

どんな種類のものでも大丈夫ですが、季節の花や方位と相性のいい色の花

選ぶといいでしょう。厄を吸収し、パワーを安定させてくれます。

 

花を飾ることができないなら、代わりに花の絵や写真を飾りましょう。

ドアから入って右側がいいですが、無理ならどこに飾っても大丈夫です。

 

 

盛り塩

厄がたまりやすいトイレには盛り塩は鉄則です。

窓がないトイレは盛り塩をいれる小皿をラベンダー色に。

黄色やゴールドも金運アップにはおすすめです。

 

 

 

あわせて読むと良い記事