食事は毎日のことですし、風水のことを気にしすぎていたら、面倒になってしまうと思います。

そこで、これだけは取り入れてほしいというものを10個ピックアップしました。

 

 

①朝食を食べる

1日3回の中で、一番金運を左右するのが朝食です。忙しいからといって朝食抜きでは、

金運を引き寄せることは難しいです。卵をつかったメニューはぜひ一品

会議などがある日は、信頼を高める牛乳やクリームスープもいいですね。

 

 

②1日1回は『金運三原則』の食材を食べる

「鶏肉、卵、黄色」を1日1回は食べるようにしてください。

かぼちゃやレモン、みかん、グレープフルーツなどの黄色い食材、

からしやマスタード、カレー粉などの調味料を上手に工夫して、

黄色をたくさん食卓に取り入れましょう。

 

 

③おやつに甘いものを食べる

お金は甘いものが大好きです。

あんこチョコレートクッキーケーキプリンなどは金運のほかにも

全体運を上げてくれます。小豆を使った和菓子もおすすめです。

小豆は厄落としの働きがあり、金運を上げてくれます。

最中や金つば、どら焼き、お汁粉などを食べましょう。

 

 

④食後はデザートを食べる

食後の最後にも、1口だけでもいいですから、甘いものを食べるようにしてください。

特に散在した日は、甘いデザートでしっかり金運をパワーアップしておきましょう。

 

 

⑤最初と最後の一口は金運アップ食材にする

いろいろなパワーを持つ食材で料理が作られます。

それらを一緒に入れるとパワーが分散することになってしまします。

最初と最後の一口は金運パワーのある食材を口にすることで、パワー分散を防ぎましょう。

 

 

⑥レモンキャンディーを持ち歩く

レモン味やオレンジ味のキャンディはお金が好きな条件『甘い』『丸い』『柑橘系』

がそろっています。おおきな金運に恵まれるわけではありませんが、

ちょっとしたトクや運がめぐってきます。

 

 

⑦吉方位の特産物や駅弁を食べる

吉方位に行ったら、その土地の特産物を食べることで、いいパワーを吸収することができます。

お土産でも同じ効果がありますから、吉方位に旅行する人がいたら、お土産を頼みましょう。

吉方位旅行に行かなくても、自宅にいながらその土地のパワーを吸収できます。

駅弁にもその土地のパワーが詰まっているのでおすすめです。

 

 

⑧フルーツ柄の高級な食器を使う

金運を上げるには、フルーツ柄の食器や季節感のある食器、白や黄色にゴールドの

縁取りや模様がある食器がいいですね。さんかんの実の柄ももちろんおすすめです。

安物よりも高級な食器を使うことでその格に見合った人物になれます。

 

 

⑨ランチでは『金運丼』を食べる

丼物は手軽で、ランチに食べることが多いと思います。金運を上げたいなら、

ぜひ丼メニューにも風水を意識してほしいです。金運にパワー大なのは、

親子丼天津丼。また、天丼は黄金色の天ぷらが金運アップに効果を発揮するだけでなく、

人気運もサポートするので、出世を狙うならおすすめです。

かつ丼は事業運、鉄火丼はやる気を出し、上下関係をよくします。

ツキが落ちているときは、ピリッと辛いマーボー丼を食べましょう。

 

 

⑩その年のラッキーフードを食べる

毎年ラッキーフードは変わりますが、その年のラッキーフードは、その年で

一番パワーのある食材です。どんどん食べるようにしてください。

 

 

あわせて読むと良い記事