『孤独』だと感じたとき、皆さんはどのようなことをしていますか。

 

最近だと、失業率の宝からもわかるように、社会的にも経済的にも弱者となってしまい、

社会とのつながりが少なくなり、『孤独』と感じる人も増えてきています。

一方で、会社で働いている人も、その環境の中でがんじがらめとなってしまい、

本音を言う相手がいなくて、『孤独』になっているケースもあります。

 

そもそも『孤独』とはどこから来るのでしょうか?

 

 

『孤独』の正体は我慢のしすぎ!?

人に言えないことがあって、孤独な気持になってしまうことは多いです。

そこで誰にもそのことを相談せずに、殻にこもってしまうと孤独になりやすいような気がします。

 

親しい友達や頼れる人がいるなら、その人に相談してみましょう。

もし、だれも話せる相手がいないのなら、無料で電話相談をしているところがありますので

相談してみてください。

 

「孤独 電話相談」で検索してみたらいろいろ出てきますよ。

 

 

 

現状がつらすぎるなら思い切って離れる

現状がつらすぎて、精神的にもう耐えられないのなら、

そういう時は思いきってはなれるのも一つ手です。

 

『でも、どうしても離れることができないんだ』

そういう時は、現状を楽しくしようと努力するか、

または新たな楽しみを見つけることをお勧めします。

 

でも、1つ注意が必要です。

新しい楽しみを見つけるときは、お金のかかりすぎるものは控えましょう。

 

たとえば、キャバクラとか、ホストとか風俗とか…

そういったものは麻薬のように中毒性がとても強いものです。

自分がしっかりしているときは遊びとして済ませられるかもしれませんが、

心が弱っているときにはお金をつぎ込んでしまうのが人の性なので

行きたくても、理性で控えるようにしましょう。

 

 

東南アジアあたりで1か月くらい旅してみる

日本は失業してお金が無くなったから自殺するという人は実はあまり多くないようです。

僕が真の原因と考えているのは、文化的な理由によるものです。

 

たとえば、『仕事もしていないであの人何してるのかしら』とか

『そんなので恥ずかしくないのかしら』という周りや世間の目が気になりすぎて

自殺してしまう人がとても多いのだそうです。

 

僕たちは無意識のうちに文化的なフィルターで世界を見てしまっています。

でも、一度その文化の中からでてみると、実に多くの発見があるのです。

 

『なんであんなつまらないことで俺は悩んでいたんだ。』

 

そう思うことも僕は海外で暮らしてから思うことが多くなりました。

住んでいる国を思い切って変えてみることも、

自分が感じる孤独感を吹き払ってくれるものと思います。

 

 

 

『人生を愛せよ。そうすれば人生もあなたを愛し返すであろう』

 

僕の好きな言葉の一つです。

つらいこともあるでしょうが、少しずつでよいですから

良い方向に変えていきましょう。

 

そして、自分の人生を信頼していきましょう!

 

 


あわせて読むと良い記事