先日、フィギュアスケートを見ていてふと感じたことがありました。

全日本フィギュアスケートでのSPを見ていて、

その時は浅田選手が1位だったんです。

 

でも、1位の浅田選手のスケートより、

2位の鈴木明子のスケートの方がなぜだか僕の心を揺さぶりました。

僕自身もダンスを8年ほどやっているのですが、

ダンスの大会でも優勝者ではありませんが、

すごく心打たれる演技を数多く見てきました。

 

点数が高いけどそれほど感じないものもあれば、

点数はそこまででもないけれど、感動を与えるものもある。

 

鈴木明子選手のスケートはなぜ心に響くのでしょうか?

 

 

表現の中にその人の歴史を感じる

鈴木明子選手は10回以上全日本選手権に出ていますが、

過去1度も優勝経験がありませんでした。

 

スポットライトを浴びる機会がほとんどなかったんです。

安藤美姫選手や浅田真央選手をメディアは取り上げて、

地味な選手という印象が僕の中では強かったです。

 

しかし、そんな中でもめげずにコツコツ練習を積み重ねいたのだと思います。

『神は細部に宿る』という言葉もありますが、

こういう経験の積み重ねというものはけっこう小さな部分にあらわれるような気がします。

 

スケートの中でも、点数には影響を与えない部分で

細かな点でそういった過去の積み重ねが自然とにじみ出ているのでしょう。

 

 

世界共通ということ

これは仕方のないことなのかもしれませんけど、

世界共通になるということは基準を共通にするということになります。

 

でも、僕たちの基準って国によっても、またコミュニティーによっても違いますよね。

そういう違った基準を共通化するということは、

物事を実はつまらなくしているのかもしれない、と最近感じるようになりました。

 

もともと表現って開放するところからきているのに、

それをルールによってがんじがらめにしている今の傾向は

少しどうかなと思ってしまいます。

 

しかし、国際大会ではそういう共通化したルールは必要です。

 

『共通化しようとすればするほど、個性が消えていく』

 

これはなにもフィギュアスケートに限ったことではないと僕は思います。

 

 

感動を与えるものとは

今回の鈴木明子選手の演技は

点数を求めたというよりも、自分の思いを表現したかったという思いがあったように感じます。

 

大会前も、『いままでお世話になった人への感謝を表したい』と述べていました。

 

点数というルールを超えて、表現したものを表現する。

こういうところに人は感動を覚えるのかも知れません。

 

もちろんルールも大切ですが、

『ルール』<『本当にやりたいこと』

というスタンスは僕たちに何かを感じさせてくれるのだと思います。

 

あわせて読むと良い記事