2013年でメジャー13年目になりますね。

全然そんな感じがしませんが、早いですね。

イチローはいつも活躍しているので、あまり年月を気にしないのかもしれません。

 

Team Japan's Suzuki holds trophy after win over Team Korea in the World Baseball Classic championship game in Los Angeles

 

 

イチローは日本では初の200本安打メジャーでの世界新262本安打WBCでの決勝打

など、記録に残る場面をおおく作っています。

 

人々が魅了される理由は、

イチローが自分に高いハードルを課して、それを超えているから

だと思います。

 

走る

 

 

しかし、高いハードルを課して、それを超えているスポーツ選手は多くいますが、

そのなかの誰もが『魅力的ですか?』と聞かれると

それは違うように思うのです。

 

イチローの凄さはその高みに向かって

たゆまず全力で努力し続ける姿勢にあるのではないかと思います。

 

イチローの発言の中で

『小さいことを積み重ねるのが、
とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。』

という言葉があります。

 

262

 

誰も見ていないときでもコツコツと

地道に練習しているからこそ

このような記録も生まれ、

これほど多くの人を魅了しているのでしょう。

 

 

ですが、コツコツと努力する人はみな魅力的ですか

と聞かれると、それも『う〜ん。』と考えてしまいます。

 

勉強を一生懸命やっている人の中でも

親に強制的にやらされている人は

あまり、魅力的に映らないと思うのです。

 

自分の心と相談して、自分から道を切り開いていく。

その姿勢があるからこそ、輝けるし、コツコツと自分の道を歩むことが

出来るのかなと思います。

 

みち

 

 

ですので、イチローの魅力は僕的には

 

①コツコツと地道に練習していること

②自分の信じた道を突き進んでいること

③精進して良い結果を出していること

 

この3つだと思います。

 

何があってもぶれない芯を、『見つけて』『強くする』こと

魅力を増すために意識しておきたいことです。

 

 

本:イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学

価格:1365円(送料無料)

※本をクリックするとAmazonで購入できます。

あわせて読むと良い記事