『運や魅力が上がるもの』をそろえていきます!

 

 

 

Book:『斉藤一人の道は開ける』

感想:この本は斉藤一人さんの弟子である永松さんの体験をもとに

書かれている本です。目から鱗の考え方、誰でも出来るが

あまり多くの人がやっていない運を開く方法が載っています。

 

 

 

Book:『絶対成功する千回の法則』

感想:運を上げる上で1000回つぶやけば、不思議と成功すると

書かれてあります。いろいろな言葉の力を学ぶことが出来ますし、

人からモテる極意もなぜか書かれています(笑)

 

 

 

Book:『運に愛される人』

感想:この本はそのタイトル通り、運に愛されるにはどうすればいいかが

書かれています。様々な霊能者の方から強運と言われている人が

どのような考えを持っているのか分かりやすく書かれています。

 

 

 

Book:『体が硬い人のためのストレッチ』

感想:体の柔軟性や健康の度合いは運に影響があります。

良い影響を与えていくための1つとして、記事で紹介した本です。

あまり運動されてない方には特にオススメです。

 

 

 

Book:『人生がときめく片づけの魔法』

感想:掃除をすることで人生を変えよう!片づけが苦手な人も、

部屋をきれいにして運を上げて人にもオススメの一冊です。

普通の掃除の本とはちょっと違います。

 

 

 

Book:『花風水』

感想:家に花を飾ることは風水的には◎だそうです。

どのような花を飾れば、どのような運気が上がるのか、

分かりやすく書かれています。

 

 

 

Book:『幸運を引き寄せるパワーストーン辞典』

感想:運気を上げるアイテムであるパワーストーンの使い方が

この一冊みればだいたい分かります。自分に会った物はどれがいいのか

また、パワーストーンのケアの仕方など色々載っています。

 

 

 

Book:『イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学』

感想:それぞれ業界のトップにいる2人の対談。矢沢さんが言うには

「イチローは若いの自分に似ている」という。2人がどのような哲学を持って

ここまで上り詰めたかがわかる一冊。

 

 

 

Book:『驚くべきリーダーシップの原則 マザー・テレサCEO』

感想:マザーテレサがどうじてこれほどまで、多くの人々に

支持されていたを綴った一冊。リーダーシップの新しい方法を

この本を通じて知ることが出来る。

 

 

 

Book:『僕は馬鹿になった。』

感想:ビートたけしの詩集。長年多くの人に愛され、また芸術の世界でも

才能を放つビートたけしの思いがあふれている。なぜ、人気なのかが

これを見て少し分かる気がした。

 

 

 

Book:『楽しく上手にお金とつきあう』

感想:お金に関する概念がいい意味で変わる一冊です。

とても当たり前のことが書かれているのですが、今の僕たちには

かけているところをビシッと指摘してくれます。

 

 

 

Book:『銀の匙』

感想:夏目漱石に逸材といわれた中勘助の作品。子供時代の描写がとても

豊かに書かれていて、自分の子供時代を思い出してしまうほどです。

言葉の豊かさに触れるにはとても良い一冊です。

 

 

 

Book:『一生役立つ学ぶ力』

感想:灘高校を変えた”伝説の教師”エチ先生の100歳記念に書いた一冊。

100年生きた中で、『学ぶ』とはなにかということについて、

読みやすく分かりやすい文章でその真髄を伝えている。

 

 

 

Book:『男の作法』

感想:高倉健も愛読していた本の1つ。男のダンディズムを追求していた

池波正太郎がどのような人が良い男かを綴っている。現代では失われかけている

感覚をこの本は思い出させてくれる。